伊豆市観光協会 伊豆の観光イベント・温泉・料理・文学・海・旅館・民宿の情報満載!

今月のこれがいいずら

トップページ │ 今月のこれがいいずら

秋季弘法大師大祭 奉納花火大会を初めてみました!!

   

修善寺温泉場のど真ん中で行われます夏祭りは、地元では

「おこうぼうさん」と呼ばれ毎年開催されているイベントです。

地元の方々から、こんなに近くでナイアガラ花火を見られる

ところはないから是非とも見物して欲しいと強く言われ・・・・

駅前案内所の職員も浴衣姿で見物したい!と言うので

浴衣姿の職員と嬉し、恥ずかし、いそいそと出かけました。

 

 

 

修禅寺門前の会場は屋台がずらりと並び、観光客と地元の人・人・人で

熱気むんむんです。このために帰省した人も多いみたいで

あちらこちらで、久しぶりの再会を喜び合う黄色い声が方々で聞こえ

「田舎の大イベント」なんだなーと感心しました。

 

 

花火大会は2010分からと中途半端な開始時間ですが

その理由は協賛した方々を放送で紹介するためだったのです。

 

 

10分弱の時間を要しアナウンスした後、花火が打ちあがりました。

ポツン、ポツンと単調で単発の花火・・・・少々がっかり

45分から、いよいよナイアガラ花火の開始です・・・・・

 

これは、やはり凄かった!こんなに近くでナイアガラを見たのは

初めてです。地元の人が自慢げに話すのは納得です!

 

でも、ここで一言!

独鈷公園の川沿いにある木で花火が見えにくい状況でした。

一部の木々の剪定ぐらいはして欲しいですね!

川沿いに陣取る屋台のため、せっかくのナイアガラ花火がみえる

場所が少なくなっているのは、おかしくないですか?

屋台は屋台で大切な祭りのアイテムですが、花火を見る人を第一に

考えたレイアウトが必要だと感じるのは私だけでしょうか??

 

 

 - 未分類

PAGETOP